《月篁》昭和42年(1967)東京国立近代美術館所蔵 通期

「緑響く」昭和57年(1982)長野県信濃美術館 東山魁夷館所蔵

「名画」、「傑作」、「代表作」、これぞ東山の世界

 戦後の日本画、なかでも風景画に新境地を開いた東山魁夷(1908-1999)。彼は徹底した自然観察をもとに、幻想味に富む静謐な風景を生涯描き続けました。
 本展では、画家の代表作≪道≫や≪緑響く≫をはじめとする風景画にくわえ、古都の面影を描いた≪京洛四季≫のシリーズなど約80点をご紹介し、「国民画家」と称された東山魁夷の画業を辿ります。
 本展のハイライトは、東山魁夷の最高傑作で、制作に十年を要した、奈良・唐招提寺御影堂の障壁画(襖絵全68面と床の間)の展示です。
 総延長76mにも及ぶこの障壁画には、様々な苦難に遭いながらも日本に渡り唐招提寺の開祖となった中国・唐の高僧鑑真和上のふるさと中国と日本の風景が描かれています。
 今後数年間、唐招提寺でも公開されない作品を間近に見ることができる、まことに貴重な機会です。ぜひご覧ください。